FX入門

FXデイトレードの特徴は?勝つために必要なことや注意点を解説

FXデイトレード

FX取引で人気の手法がデイトレードです。

投資に詳しくない方でも、デイトレードという言葉を知っている人は多いのではないでしょうか。

デイトレードは、エントリー後、その日のうちに決済まで完了させる手法です。この記事では、そんなデイトレードについてどんな特徴があるのか解説していきます。

FXデイトレードの特徴

デイトレードは短期売買のひとつで、数十分~数時間の単位でトレードを行います。

数分おきに売買を繰り返すスキャルピングよりは売買期間は長くなりますが、日をまたいでポジションを保有し続けることはありません。

中長期トレードに比べると、取引一度あたりの損失額は小さくなるので、損切りを行うことでリスクを限定することができます。

デイトレードのメリット

デイトレードのメリットは以下のようなものが挙げられます。

短期売買ということで資金効率は良いですが、スキャルピングのように瞬発力を必要とするわけではありません。バランスの良いトレードスタイルと言えるでしょう。

FXデイトレードのメリット

  • 資金効率が良い
  • 翌日にポジションを持ち越さなくてよい
  • 瞬発力は必要ない
  • リスク管理をしやすい

デイトレードのデメリット

反対にデイトレードのデメリットには以下のようなものが挙げられます。

特にスプレッドの負担は気になるところです。1時間以内でトレードを繰り返す場合、スプレッドの広い業者を利用すると、大きな負担となります。

FXデイトレードのデメリット

  • スプレッドの負担が大きくなる

とはいえ、スプレッド以外に目立ったデメリットはありません。

スキャルピングに比べるとテクニカル分析がハマりやすいので、予測しやすい相場に限定してエントリーを行えば、値動きの予測がしにくいということもないでしょう。

FXのデイトレードで勝つためには

ここからはデイトレードで勝つためにどうすれば良いのかを考えていきます。

テクニカル分析を徹底的に行う

 相場の分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析がありますが、短期売買ではテクニカル分析が特に重要視されます。

テクニカル分析とは、過去のチャートの形状からパターンを探り出す分析手法のことです。

相場は似たような値動きを繰り返すため、過去のパターンから今後の値動きをある程度予測することができます。

パターンを探すときは、移動平均線などテクニカル指標を使用したり、水平線やトレンドラインを引いたりします。

トレンドに乗る

 FXで勝つために手っ取り早い方法が、トレンドに乗るというものです。

トレンドフォローとも呼ばれ、上昇トレンドなら買いでエントリー、下落トレンドなら売りでエントリーします。

ただし、トレンドフォローには注意点もあります。それが高値掴みをしやすいという点です。

トレンドに過熱感のあるときは。利益確定の決済などで必ず調整が入ります。

できればトレンドの進行中、少し反発があった地点、つまり押し目を狙ってエントリーすると高値掴みを防ぐことができます。

トレード時間を絞る

FXは平日であれば24時間いつでもエントリーを行うことができます。しかし、時間帯によってボラティリティの大きさ、予測のしやすさが異なります。

通貨全般に言えることは、ロンドン市場のオープン直前(夕方)からボラティリティが大きくなり、その後ニューヨーク市場のオープンが近くなるとさらに値動きが活発化するということです。

ただし、ドル円など、日本円を含む通貨ペアは東京市場のオープン時であっても、比較的値動きが大きい傾向にあります。

また、ロンドン市場やニューヨーク市場のオープン前後は、為替相場が荒れることが多いため、この時間のトレードは避けた方が無難でしょう。

おすすめはニューヨーク市場オープン後、値動きの方向が定まったときにエントリーするというものです。サマータイムであれば23時前、冬時間であれば24時前です。

中長期的な相場も意識する

デイトレードでは15分足から1時間足のローソク足を見て、エントリーや決済のタイミングを探る方が多いようです。

しかし、4時間足や日足などもチェックして、中長期的な相場の流れも把握しておいた方が精度の高いトレードができます。

下のチャートは2021年1月12日の15分足です。この日はレンジ相場となっているため、レンジの上限や下限でエントリーを行うと利益を出すことができます。

しかし、もっとも右のレンジの下限(緑色〇)では、レンジを下方向にブレイクしたため、ここで逆張りのエントリーを行うことは望ましくありません。

 

売りでのエントリー、買いでのエントリー、どちらかに絞る場合は、日足で中長期的な相場の流れをチェックすると良いでしょう。

日足を表示させると、中長期的な流れが見えてきます。精度を高めるため、エントリーの方向を絞る場合、中長期的な流れを把握し、その流れに従ってエントリーするようにしましょう。

FXデイトレードの注意点

 

損切りラインを決めておく

 デイトレードは24時間以内に売買を完了させるトレードです。そのため損切りはしっかりと行うようにしましょう。

損切りを行わないと、ずるずる損失が大きくなり、いわゆる塩漬け状態になってしまいます。

株などの現物取引と違って、FXでは日をまたいでポジションを保有すると、スワップを支払わなければならない可能性が出てきます。

最悪の状態を避けるためにも、エントリーを行うときは、エントリーとセットで損切りラインを決定しておきます。

損切りが苦手であれば、事前にストップロスの逆指値注文を入れておくと良いでしょう。

スプレッド幅の狭い環境でトレードする

売買回数の多い短期売買では、スプレッドの大きさが、トータルの成績を左右することがあります。

ドル円やユーロドルなど、比較的スプレッドの狭い通貨ペアを選んだり、スプレッドの狭いFX業者を選んだりすることが大切です。

取引を重ねれば重ねるほど、売買にかかるコストはかさんできます。スプレッドの狭い環境でトレードを行い、コストをなるべく抑えるようにしましょう。

  • この記事を書いた人

さんしろう

投資歴20年の50オヤジ。過去に複数サイトの運営経験あり。 現在サラリーマン生活を送りながら隠居生活へ向かって奮闘中!

-FX入門

Copyright © 50オヤジの隠居生活, All Rights Reserved.